レビュー

半沢直樹続編『アルルカンと道化師』ネタバレ・あらすじ・書評

大人気ドラマ「半沢直樹」。

その続編がドラマ公開中の2020年9月17日に新刊として発売されました。

そのタイトルは『アルルカンと道化師』です。

では、どういった中身なのでしょうか?

こんな方におすすめ

  • ドラマの「半沢直樹」が大好きだ!
  • ミステリーが好きだ!
  • 半沢直樹の続編が気になるが本を読む暇がない!

『アルルカンと道化師』あらすじ

探偵半沢、絵画の謎に挑む。
東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとに、とある案件が持ち込まれる。
大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。
大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。
有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは。

以上が単行本に記載していた「あらすじ」となります。

これまでのシリーズ

  1. オレたちバブル入行組
  2. オレたち花のバブル組
  3. ロスジェネの逆襲
  4. 銀翼のイカロス

そして5作目がこの最新作「アルルカンと道化師」となります。

時代設定

単行本記載のあらすじにあるように最新作の時間軸は大阪西支店時代。

つまり第4作の「銀翼のイカロス」のときよりも遡ります。

1作目「オレたちバブル入行組」よりも半年前、2000年代初頭の9月となります。
※「オレたちバブル入行組」では【昨年転勤してきた】といった記述があるのでおそらく半年くらい前だと推測されます。

半沢に渡真利はもちろん、懐かしの中西や浅野支店長、人事部の小木曾、そしてまだ頭取になるまえの中野渡氏も出てきます。

半沢直樹をドラマ及び小説5作品読んできてわかったことがあります。

それは、「殺人事件の起こらないミステリー作品だ!」ということ。

主人公の半沢直樹は銀行員の皮を被った名探偵なのではないかと思います。

もちろん、多くのミステリー主人公が持つ決め台詞もあります。
「真実は1つ!」
「じっちゃんの名にかけて!」
「実に面白い」

など多くの決め台詞がありますが、半沢直樹の決め台詞はもちろん

やられたらやり返す、倍返しだ!

これに決まりですね♪

      

以降、ネタバレとなります!
気になる方は「書評」まで飛ばしてください!

『アルルカンと道化師』ネタバレ

登場人物

半沢直樹…東京中央銀行 大阪西支店 融資課長
浅野匡…同 大阪西支店 支店長
江島浩…同 大阪西支店 副支店長
中西英治…同 大阪西支店 融資課行員

宝田信介…同 業務統括部長
和泉康二…同 大阪営業本部 副部長
伴野篤…同 大阪営業本部 調査役

渡真利忍…同 融資部企画グループ 調査役

仙波友之…仙波工藝社 社長
堂島政子…友之の伯母
本居竹清…立売堀製鉄 会長

仁科譲…画家
佐伯陽彦…仁科譲の友人

第一章アルルカンの部屋

21世紀初頭、半沢直樹(以下、半沢)は東京中央銀行大阪西支店にいた。肩書きは融資課長。
支店長は浅野匡(以下、浅野)

大阪西支店の取引先「仙波工藝社」に大阪営業本部の伴野篤調査役(以下、伴野)からM&Aの話が舞い込んだ。
しかし買い手はこの時点でまだわからない。
半沢は融資部の若手で担当の中西英治(以下、中西)と伴野3人で仙波工藝社の仙波友之社長(以下、友之)に会いに行く。
社長室には巨匠、仁科譲(故人)のリトグラフ「アルルカン」が飾られている。
仙波工藝社側には友之と妹で企画部門を立ち上げ収益の柱にした仙波ハル(以下、ハル)が同席した。
友之に強気でM&Aを勧める伴野。
買い手も明かさずに会社を売却するよう友之に一方的に勧めるこの面談は不調に終わった。

翌日、浅野からこの買収を進めるように言われた半沢。
江島副支店長(以下、江島)と再度仙波工藝社へ出向くことに。

同期で融資部企画グループ調査役の渡真利忍(以下、渡真利)と会食した半沢。

・岸本頭取がM&Aを収益の柱としていること
・大阪営業本部は和泉副本部長(以下、和泉)が音頭をとりM&Aの一大キャンペーン中であること
・業務統括部の宝田部長(以下、宝田)が旗振りとなり無意味な目標設定をしていること
・和泉と宝田は同期で親しいが宝田が出世していること
・和泉と浅野は大学の先輩後輩であること

などが話題にあがった。

また買収を持ちかけた会社が田沼時矢(以下、田沼)率いるインターネット関連の新進企業、ジャッカルであることを知る。
合理主義の田沼が買収する理由を知りたい半沢。
田沼は絵画コレクターという趣味があり、とくに仁科譲の作品を持っていることがわかった。
また田沼が神戸に美術館を作ること、その費用を融資したのが当日大阪営業本部で次長だった宝田であった。

一方、ハルは今期の目玉「フランス印象」が白紙になってしまった。
仙波工藝社の業績に暗雲が立ち込めてしまった。

そのため二億の融資を東京中央銀行大阪西支店にお願いする友之。
なんとか稟議を上げた半沢たちだったが宝田・和泉・浅野の策略により稟議がこのままでは通らないことになってしまう。
融資部の猪口から仙波工藝社が過去に計画倒産に関わった疑いがあることを指摘されたからであった。

そんな中、半沢は浅野の代わりにお祭り委員会に出ることに。
大阪西支店主要根幹先十社が来るこの会は支店長が出席するはずだが所要で出れなくなったそうだ。
(※後でこのことが大問題に発展する)

計画倒産は仙波工藝社が見舞われた貸し倒れに関しそうだ。
倒産した会社は堂島商店、社長が友之の伯父にあたる会社であった。
翌日半沢と中西、友之、ハル達とこの内容について話すこととなった。

第二章ファミリー・ヒストリー

仙波工藝社のこれまでの歴史、その中でできた堂島商店との関係を半沢たちは知る。
友之と伯父である堂島芳治社長(故人。以下、芳治)との険悪な関係、
それは友之の両親引いては堂島の創始者堂島富雄(芳治の父)などと複雑に絡み合っていたことからであった。

そして、仙波工藝社は計画倒産に加担していないとわかった半沢は経緯を報告書にまとめるが、それでも稟議はおりなかった。
ただし担保があればおりると条件がついた。

仙波工藝社には担保が何もないので、浅野からは買収提案に乗るよう勧められる。
半沢は担保に堂島商店の社長が妻に残したマンションを担保にいれる提案をする。
友之の許可をとり堂島政子(以下、政子)に会いに行くが担保とすることを断わられた。

浅野から再度伴野と友之のところへ行くよう言われる。
伴野から買収に名乗り出た会社がジャッカルであること、買収価格に15億加えることを聞かされる。

友之もハルもお金で創業の精神や魂を売りたくないと思い、再度政子と話すことを決意する。

東京中央稲荷の稲荷祭りのお祭り委員会の総代を務める本居竹清会長(以下、竹清)に許可を得て半沢と中西、友之は稲荷神社の清掃に加わる。

そこで友之と政子を会わせることに成功した。

第三章 芸術家の生涯と残された謎

政子の話によると、実は芳治は甥である友之に申し訳なく思っていたそうだ。

政子は意外と経営の視点を持っており、今のままでは仙波工藝社の経営は上向くことはないと感じていた。
そのために、今の経営状態のままではマンションを担保に出来ないとのことである。
もし仙波工藝社に生かす価値があれば再考する余地はあるとのことであった。

また芳治は友之に借りていた三億を返す気があったこともわかった。
しかしそれが何なのかは誰も知らなかった。
ヒントは遺品のなかにあるようなので半沢たちはそれを探すことにした。

友之は歴史や社会的意義という言葉に逃げていたが痛みを伴う経営改革を行うことを決意する。
人員整理もやむを得ないつもりであった。

半沢と渡真利はなぜジャッカルの田沼がそこまで破格の条件を出すのかがわからなかった。
しかし、こういったときには大概裏があることも感じていた。

田沼から友之への手紙があり、西大阪支店にて伴野から読み上げられた。
内容はこれ以上ない良い条件でM&Aを行うことであった。
懸念していた仙波工藝社の歴史と権威に敬意を払うとともに論説の公平、編集の自由を保証するという内容である。
※美術雑誌を扱う仙波工藝社を買収することで絵画コレクターである田沼が論説や編集に手を加える可能性があるかもしれないといったことを懸念していた。

お祭り委員会が再度開かれることに。
この集まりの実態は支店経営を盛り上げる親睦会であり地域の産業や銀行がどうすれば栄えるか話し合う交流の場であるのだが…
浅野はお祭り委員会に出る気がなく再度半沢を出席させることにした。

第四章 稲荷祭り騒動記

お祭り委員会に半沢が出席した際、総代の竹清をはじめ他の出席者から浅野が来ないことを叱責され、今後の東京中央銀行との取引を考えると言われる。

浅野が出席しないことだけでなく取引先になんの思いも持たないことを問題としていた。
※浅野は出席しないだけでなく取引先にM&Aを持ち掛けていた(=つまり会社を売れということ)。

翌日浅野は報告を受けるが取り合わない。
しかしその後お祭り委員会の出席者たちが銀行に訪れ融資の返済を言ってきたことから深刻な事態と認識する。
浅野はこの問題を半沢一人に押し付けようとしていた。

査問委員会が開かれることになった。
委員会のメンバーは宝田や和泉、小木曽など浅野の息のかかったメンバーばかりで出来レースであることを認識する。
半沢の部下である中西や南田も浅野が全て半沢に責任を押し付けていることを知り憤りつつ何とか手助けできないか頑張ろうとする。
半沢もお祭り委員会出席の会社にお詫び行脚をしていたがそこで南田たちが半沢の危機に口添えしてほしいということを話していることを知る。
そんな折、竹清から査問委員会で「手助けになるかわからないが」と1つの書類をいただく。

査問委員会が東京の本店で開かれる。
一人一人呼ばれ、浅野は問題なく終了、江島は憔悴していた。

半沢の番となった。

・今回の査問委員会が茶番であること
・メンバーの指摘を論理的に反論
・竹清からいただいた書類で浅野がお祭り委員会に出なかった理由がゴルフスクールに出席という理由だということが判明させた。

結果半沢はお咎めなし、浅野は中野渡から叱責状が出された。

ジャッカルがまだオープンしていない田沼美術館の買い手を探すという妙な噂を渡真利から聞いた。

 第五章 アルルカンの秘密

友之は経営改革にいきづまる。
半沢は芳治が残した謎解きにも進展はない。
いつからか役割分担していた。

そんな中、業務課の岸和田課長代理から怪しい案件の融資の相談があった。
半沢は拒否、耳にした江島副支店長は融資課は一切この件には手を出さず業務課で進めるよう指示。
数日後、この案件に関わっていた弁護士が詐欺で逮捕された。
一方、政子は多数の不動産資産を持っていそうなことがわかる。

ついに半沢は芳治の謎の手がかりを見つけた。
芳治が残した雑誌とアルバムからだった。
若き仁科譲がアルルカンとピエロを社内で書いた写真があった。
その場所は旧堂島商店の建物で現仙波工藝社の社屋であった。

その絵を見つけはしゃぐ半沢や仙波工藝社の関係者たち。
しかし、この絵の下に別名のサインがあった。
仁科譲と同じ頃に堂島商店で働いていた佐伯陽彦(故人。以下、陽彦)のものだった。
絵の真相を探るべく陽彦に会おうとするが既に他界。
それでも手がかりを掴むために実家のある丹波篠山の佐伯酒造を訪ねた。

そこでは陽彦の兄佐伯恒彦と会う。
陽彦の人生を聞き、陽彦がこれまで書いてきた絵を見て、そして真相を知る。

仁科譲の代名詞と言われる「アルルカンとピエロ」の絵は元々陽彦が書いたものであった。
陽彦が仁科譲の真似をしたのではなく仁科譲が陽彦の真似をしたのであった。
この事は世間には公表されていない。

しかし、陽彦は仁科譲を恨むどころか感謝をしていた。
仁科譲の自殺の原因の1つに陽彦の絵を真似たこともあるようだった。
仁科譲が自殺する前に佐伯酒造を訪ね陽彦からもらった手紙持ってきていた。
現在、佐伯酒造にはお互いの手紙が残されていた。

第六章 パリ往復書簡

仁科譲と陽彦との手紙のやり取り。

パリにいる仁科譲からは初めは希望に溢れ、その後に焦り、絶望し、遂に歓喜の時がやって来るがそれは後悔するものであった。
陽彦の手紙は体調の悪化と退社から実家へ戻ったこと、仁科譲への憧れと励まし。
そして仁科譲の後悔に対してもそれを恥じることはなく自分の変わりに頑張ってくれという内容だった。
アルルカンとピエロが世に出た経緯も仙波工藝社に残された絵は誰が書いたかも判明した。

そして、数年前から陽彦が書いた絵とこの書簡を売ってくれという依頼があった。
誰が売ってほしいと言っているかは守秘義務ということで佐伯恒彦も知らなかったが、佐伯酒造に交渉に来ていたのは宝田ということが判明した。

第七章 不都合な真実

佐伯酒造の件を仙波工藝社にて友之、ハルに報告した。

仁科譲が佐伯の盗作か模倣かは判断に迷う微妙なところであった。

しかし、
・仁科譲の絵の価値が下がる可能性があること
・現仙波工藝社に佐伯が書いたアルルカンとピエロの絵があることを田沼や宝田たちが知っていること
・そのことが公にならないため、仁科譲の絵の価値が下がらないために買収をしようとしていること
等を半沢達は予測する。

陽彦が生きた証を残すため買収に乗らないことを決意する。

田沼は一向にすすまない買収や美術館の売却に苛立ちを隠せない。

そして政子が納得する経営改革案を作成し、政子がマンションを担保にすることを承諾する。

遂に担保を見つけ融資が降りると信じた半沢と友之たち。
しかし、宝田の周到な根回しのため融資部からは言い掛かりをつけられ融資が降りない。
また浅野たちも大阪西支店上層部も我関せずを貫いている。

宝田たちは仙波工藝社の買収案件を広報のモデルケースにしようとしているらしい。
融資部にもコンプライアンスなどを理由に決して融資を降りさせないようにしていることがわかった。

ついに決め台詞

「やられたら倍返しだ」

発動!

第八章 道化師への鎮魂歌

友之は正式にジャッカルからの買収を断わった。

そして半沢からの逆襲が始まる。
仙波工藝社に残されたアルルカンとピエロの絵の写真を伴野を通じ宝田へ。
宝田から田沼へも伝えられた。
これはまだ一手にすぎない。

半沢の逆襲は浅野へも。
これ以上仙波工藝社への融資の邪魔をするなら揉み消された査問委員会での事実を公にすると。
浅野は半沢と宝田から板挟みになっていた。

宝田は自分の都合のみで半沢を糾弾し散々脅迫するが半沢は気にしない。
半沢の人事まで影響しそうであった。
ついに融資が降りた仙波工藝社。
友之は半沢に感謝する。

そして半沢からの提案で友之と半沢と一緒に田沼へインタビューと称し会うことに成功する。
そして仁科譲と陽彦の友情や遺志を守るために半沢から田沼に1つの提案を行う。

第九章 懲罰人事

仙波工藝社に融資出来たことを喜ぶ融資課の行員たちだったが半沢の去就を心配する。
浅野とやり合った上に異動の噂があるからだ。
どんな時でも部下を守ろうとする半沢を尊敬するが銀行の懲罰人事に憤る。

大阪営業本部の和泉や伴野、そして業務統括部の宝田は焦るが人事部に懲罰人事を働きかける。
そんな中、宝田たちは田沼と面談するがいつもと違う反応を不思議に思う。

半沢は異動するかもしれないことを渡真利や竹清から心配される。

融資課の行員たちは人事の会議結果を気にするが半沢はさほど気にしていない。
これで異動するなら東京中央銀行はその程度の組織だったと思うことにしてようだ。

人事部で会議があった。
参加者のほとんどが宝田が根回ししたメンバーであった。
人事部杉田部長以外皆半沢の異動に賛成であった。

杉田は会議での報告内容が事実と違うことを問題視した。
査問委員会での報告とも違うし大阪西支店取引先の会社や仙波工藝社からの手紙が人事部に来ており事実歪曲を断言できた。

結果半沢の異動は見送られた。
宝田は最後、全店会議で半沢を晒し者にすることを決めた。

最終章 アルルカンにかりたかった男

次は全店会議での動向を渡真利や妻である花に心配される。

全店会議は各支社の支店長と担当課長、本部の担当者が集い業績情報や方針を確認する会議である。
頭取も出席する。

M&Aの取り組みについての発表で大阪西支店の番になった。
ジャッカルによる仙波工藝社の買収は成立しなかった。
そのことを全店会議中に宝田から攻められる半沢。

しかし、大阪西支店のM&A事案は
本居竹清財団(立売堀製鉄会長本居竹清会長設立の財団法人)による田沼美術館の買収であった。

ジャッカルによる仙波工藝社の買収から本居竹清財団による田沼美術館の買収までの一連の動きを説明すると会場は拍手と半沢への賛辞に包まれた。
岸本頭取までも感心して拍手を浴びせていた。

そして、
・宝田がまだ決定していない融資を推し進めたこと
・田沼からの客のためだと言いながら自分のことしか考えない銀行員に騙された自分が情けないという発言
までを伝えた。

全店会議にて宝田は糾弾された。
結局宝田を始め不正を行った関係者への査問委員会が設けられた。

半沢としては仁科譲だけではなく佐伯陽彦も世にしらしめることが出来たことに意味を感じていた。
陽彦を世に知らしめることは陽彦自身の遺志に反したが、仁科譲の遺書を読み決断したのであった。

新しい美術館に「仁科譲と佐伯陽彦」を常設展とすること、仙波工藝社の雑誌にて2人の特集を組むことなどが予定されている。

佐伯酒造は大阪営業本部が動き大手酒造会社と業務提携を結ぶことに、大阪西支店の浅野は全く変わらないのであった。。

      

『アルルカンと道化師』書評

時間軸は全作品の中でも一番古い時間となります。
しかし、半沢は半沢で変わらないし、銀行の腐った部分は相変わらず腐っています。
「半沢直樹」という作品が好きな方は誰でも楽しめると思います。

顧客ではなく自分のことしか考えない銀行員。
そこに苦しめられる顧客たち。
何とか助けたいが邪魔が入りうまくことが進まない半沢たち。
しかし、きっかけ1つで段々と好転していく。
最後は不正を暴き、悪を倒す。

勧善懲悪の推理もの、半沢直樹の根幹は今作でも健在です。

正直、「銀翼のイカロス」以後の話を期待していましたが、これはこれでありかと思います。

今後、半沢が役員、そして頭取になる話まで進めるのかどうか、気になります。
(しかし、銀翼のイカロスで黒幕が政治家であったことなどを考えるとこれ以上の話となると世界規模の話になるかもしれません…)

章は10章に分割、それぞれの章の中でも細かい区分けもされていますので簡単に読み進められます。

スッキリと読めますので読んでみたいと思う方はぜひ読んでみてください!!

      

-レビュー
-,

© 2021 ディーンイチハラ浪漫譚