複業(副業)・ブログ設定

複業種類 複業副業&在宅ワークについて

スポンサーリンク

今回のブログでは「複業種類 複業副業&在宅ワークについて」として
2020年2月に参加したセミナー「複業(副業)&在宅ワークセミナー」の内容に基づいて紹介します。

複業(副業)をやりたいと考えている方は近年増えております。
一部統計によると、一年複業(副業)を続けている人で平均月額6万円程稼いでいるようです。
しかし、多くの人は

  • どういった種類があるのか
  • どうやって行えばいいのかわからない

かと思います。
私もその一人でした。

「複業(副業)&在宅ワークセミナー」で学んだことをまとめ、「在宅でできる」複業(副業)について紹介します。

このブログを読むことで

  • 在宅でできる複業(副業)の種類
  • どのような仕組みで成り立っているのか

ということがわかるようになります。
興味ある分野があればさらに調べていくことができますので、そのきっかけとなれば幸いです。

複業と副業

一般的には「副業」と表記されることが多いですが、「複業」と表記することも増えているようです。
二つの言葉の違いとして

複業…やりたいことへのチャレンジ
副業…余った時間、副収入

といった違いがあるようです。

また、複業(副業)で稼ぎながら続けるためには下図のようなイメージとなります。

自分の強みを生かしつつ、世間の需要を捉えながら稼いでいく。
やりたいことをやりながら副収入を得ることができれば続けることができるのではないかと思います。

やりたいことにチャレンジしながら、また今後複数の方法を行っていきたいとの思いから、このブログでは今後「複業」に統一して表記していきたいと思います。

在宅複業のデメリット

複業について説明する前に主なデメリットについて3点を紹介します。

  • 収益までに時間がかかる(ことが多い)
  • 移り変わりのスピードが速い
  • 怪しい案件もある(ex.三回のクリックだけで毎日5分、スマホだけで月収300万円等)⇒楽して稼ぐ」はほぼ怪しい。
    ※バイナリーオプションと呼ばれる所謂ハイ&ローのようなギャンブルへと繋がることが多いです。

以上のようなデメリットがあります。

在宅でできる複業

  1. ブログ
  2. アフィリエイト
  3. Webライター
  4. せどり
  5. SNS(インフルエンサー)
  6. Youtuber
  7. 動画編集
  8. プログラミング
  9. Webデザイン
  10. 投資

これから、1~4のブログ、アフィリエイト、Webライター、せどりの4つについてメリット、デメリットを中心に説明します。

5~10については特別なスキルが必要となるため今回は特に紹介しません。
これらについて知りたい方はこのブログを読んでも出てきませんのでご注意ください。

ブログ及びアフィリエイトについて

ブログ及びアフィリエイトの収入方法やメリット、デメリットはほぼ似通っています

収入について

  1. Google検索、SNSから集客
  2. 広告収入(グーグルアドセンス、アフィリエイト(他社製品の紹介)
  3. 自社製品を売る

メリットについて

  1. 資産型のビジネス(何もしなくてもお金が生まれる)
  2. 初期費用、運用費用がほぼかからない
  3. 営業不要
  4. 集客用のメディアとして優秀

デメリットについて

  1. 成果までに時間がかかる
  2. 既に業界が成熟している
  3. 広告主に依存する(※アフィリエイトのみ)

ブログで稼ぐ人をブロガー、アフィリエイトで稼ぐ人をアフィリエイターと呼びます。

大きな違いとして

  • ブロガー…主観性
  • アフィリエイター…客観性

といったことがあるようですが、近年曖昧となっているようです。

そしてブログやアフィリエイトは「必要としている人に必要な温度でその商品(情報)を届けるビジネス」ということを目的としていると考えます。

Webライターについて

メリットについて

  1. 費用がかからない
  2. 即金性が高い

デメリットについて

  1. コンテンツ作成のスキルが必要
  2. 営業が必要

せどりについて

せどりとは一言でいうと「安く仕入れいて高く売る」です。
漢字では「競取り」と書いたりします。
その差額で利益を得ます。
しかし、本来の目的としては

「物流を促進することで価値を提供するビジネス」である

ということを念頭におかなければなりません。
つまり以前多く見られた「コロナウィルスの流行に伴うマスク不足及びマスクの高額転売」はせどりの目的からかけ離れたものであると断定できます。

メリットについて

  1. スキルがいらない
  2. 即金性が高い
  3. 営業不要

デメリットについて

  1. 資金力が必要
  2. 発送など実労働が面倒

まとめ

今回のブログでは以前参加した「複業(副業)&在宅セミナー」で学んだこと中心に在宅に特化した複業の種類を紹介しました。

まず「複業」と「副業」の違いや考え方について紹介するとともに、主に在宅でできる複業を10種類紹介しました。

特にこのブログではその10種類の中でもブログ、アフィリエイト、Webライター、せどりの4種類についてについてメリット・デメリット中心に書きました。

在宅でできる複業の種類やその仕組みが何となくでもわかってきたかと思います。

今回のブログでは概要しか紹介できませんでしたので今後、当ブログでは今回取り上げた4つの複業についてもう少し詳しく記述します。

 

スポンサーリンク

-複業(副業)・ブログ設定
-