食レポ

長崎のおすすめイタリアン 銅座町Hamazy(ハマヅィ)

スポンサーリンク

食レポ記事第2弾!

長崎のおすすめイタリアン店、銅座町にあるHamazy(ハマヅィ)さんを紹介します。

Hamazyについて

冬の人気のメニュー「白子のソテー」

2014年9月26日にオープンした比較的新しいお店です。

銅座町は長崎の有名な繁華街思案橋のすぐ側に位置します。
飲食店も多く立ち並んでいます。

住所 長崎市銅座町15‐16  お店に行く
営業時間 18:00‐23:00(L.O.)
価格帯(夜) 2,000‐9,000円
休日 日曜
施設&サービス情報 現金orカード(会計30,000円超えるときのみ)、カウンター主体、テーブル最大4名、個室無し

現在、コロナウイルス対策として1日3組のみとなっております。

元々予約が取りにくいお店です。
必ず事前に予約しての来訪をお願いします。

大まかなメニュー

一皿料理のお店ですので「盛り合わせ」等はありません。
また、予算を言えばコースで提供もあるかと思いますが、その日のメニューを見て注文する方が楽しいかと思います。

きまぐれメニュー(1ヶ月単位で変更)

アンティパスト(前菜)6品くらい
パスタ4品くらい
肉料理1品くらい
デザート1品くらい

グランドメニュー(基本メニュー)

アンティパスト(前菜)4品
パスタ1品
リゾット1品
肉料理1品
デザート1品

とある日のメニュー

8月下旬に伺いました。
この日は
アンティパスト(前菜)4品
パスタ2品
肉料理1品

加えてビール、ワインボトル2本という形でお会計が26,000円かかりました。

アンティパスト(前菜)

ガスパッチョ(冷たいトマトスープ)と渡り蟹(二皿)1,200円

夏場ということもあり少し酸味の効いた冷製スープが美味しいです。
長崎は渡り蟹も豊富に取れ、夏の時期に飲食店に出回っています。
このスープは具材に渡り蟹のほぐし身と卵と味噌が入っていて酸味の効いたスープに上品さを醸し出しています。

若鶏モモ肉のキノコ詰め、桃のサラダのせ1,100円

若鶏ということもあり柔らかいお肉であります。
中にキノコのペーストが詰まっています。
そこにまだ熟していない桃をサラダとしてのせてあります。
またパルミジャーノレッジャーノ(粉チーズ)もアクセントになります。

豚のホホ、タン、耳のサッパリ煮込み900円

豚の頭の様々な部分をサッパリ煮込んでいます。
良い歯ごたえとなり、そんなに固くありません。
豆の存在のおかげでくどくなりすぎずサッパリといただける一品となっております。

穴子のフリットとゴボウのレバーペーストソース1,600円

長崎は上質な穴子もすごく出回っております。
鰻ほどくどくなく、しかし脂がしっかりのっています。
少し酢を利かせた牛蒡が下に敷いていあります。
また写真ではわかりにくいですがレバーペーストソースが牛蒡と和えてあります。

パスタ

鮎のバターソース、リングイネピッコロ1,800円

珍しい鮎のパスタです。
「リングイネピッコロ」とは少し平べったいパスタ麺になります。

サザエの肝ソース、ペンネ1,800円

サザエの肝がペンネに和えてあります。
見た目で分かるようにかなり濃厚なパスタとなっております。
ペンネもいい茹で加減で食感が良かったです。

肉料理

交雑種牛ランプ肉のステーキ セミドライトマトのペースト3,500円

ランプ肉はお尻の部分のお肉になります。
丁寧に時間をかけてじっくり火を通してあります。
脂も上品です。

2020年1月に来訪

今年のコロナ禍の前に二回来訪していたのでその時のメニューも紹介します。

特に冬場は「白子のソテー、ネギのクリームソース」が絶品で人気メニューとなっております。

イタリア産のサラミと豚肉のパテ

牡蠣のコンフィと白菜のシャキシャキサラダ

鮮魚のカルパッチョ、サラダ仕立て

冬の人気のメニュー「白子のソテー、ネギのクリームソース」

チコリーと生ハムのリゾット

交雑種牛イチボ肉のステーキ、セミドライトマトのペースト

2020年2月に来訪

平目のカルパッチョのサラダ

牡蠣のコンフィと白菜のシャキシャキサラダ

白子のソテー、ネギのクリームソース

牛のイチボと雲仙ポークのロースト

牛のイチボと雲仙ポークのロースト

少し温かいチョコケーキと苺のスープ

ぜひ多くの方に行っていただきたい、そういったお店です!

スポンサーリンク

-食レポ
-