食レポ

長崎おすすめ街中フレンチ代表格【HiroLicious(ヒロリシャス・長崎市築町)】野菜の使い方、肉や魚の火入れ全てが高水準!

2022年5月7日

市原 伝

長崎の美食ブロガー&ライター。 食レポ多めにブログ運営しております! 有名店に、まだ知らない美味しいお店に、テイクアウトに紹介していきます! たまに神道ネタ、映画や漫画、本のレビュー記事も書きますよ。 Twitter、Instagramもやっていますので是非フォローお願いします!

スポンサーリンク

こんにちは!
ディーンイチハラこと市原 伝です。

連続してフレンチの投稿になります。

以前、ブログの練習として扱っていたnote、またはライターとして参加しているながさーちでも投稿した
「HiroLicious(ヒロリシャス)」
になります。

(noteでは2020年3月来店の食レポを記載しております。)

(ながさーちは2020年12月来店の食レポになります。)

今年、令和4年(2022年)の4月1日に15周年を迎えております。

場所は築町。
浜町アーケードから中央橋を渡ってすぐです。
築町という場所柄かそんなに騒がしい雰囲気も無く落ち着いています。

野菜の使い方に定評がありますが、肉や魚の使い方にも舌を巻きます。
ディナーとランチと行きましたのでどちらも食レポを記載します!

ポイント

・築町にあるフレンチレストラン

・浜町アーケードから中央橋を渡ってすぐ

・野菜の使い方に定評あり

・肉や魚の使い方も絶妙

・今年、令和4年(2022年)4月1日で15周年

HiroLicious(ヒロリシャス)について

ディナータイムは要予約、ランチタイムも予約優先となります。
ご注意ください。

なお、価格帯も選べます!

住所 長崎市築町4-1-2階
電話番号 095-826-1557
営業時間 昼:12時~13時30分(L.O.)
夜:18時~21時(L.O.)
価格帯(昼) 2,600円~3,600円(税込・サービス代込・料理のみの金額)
価格帯(夜) 6,200円~7,200円(税込・サービス代込・料理のみの金額)
定休日 日曜
施設情報 禁煙、現金 or カード、
SNS等 InstagramFacebook

場所は浜町アーケードから中央橋を渡ります。
唐墨屋さんの小野原本店のところで右に曲がるとすぐに見えますよ。
メルカ築町の斜め向かい側にあります。

メルカ築町の斜め向かい側

場所は2階にあります。
※隣のお店の階段と間違いやすいので注意

こちらの階段をのぼります。

お店の特徴としては食材の使い方、特に野菜は美味しいです。
たくさんの種類の野菜、それこそ珍しい食材や初めて出会う食材も
魚に関しても詳しく、長崎ではあまり口にしないような魚も出てきますよ。

また、「食のサステナビリティ」「生産者の思いを伝える」ということにも力を入れています。
時間があればサーブのときに色んなお話を聞くことも。
毎年4月には近年人気の高島フルーティートマトを全メニューに使ったコースなどもありますよ。

料理は全体的に優しい味付け、塩気もそこまで強くありません。
フレンチレストランにありがちなフルコース後のドカッとした胃もたれは起きにくいかと(個人差はあると思いますが…)。

お客さんの体調なども気遣ってくれるお店です。

ポイント

・メルカ築町の斜め向かい側

・食材の使い方に定評

・「食のサステナビリティ」、「生産者の思いを伝える」ということにも力を

・塩気はそんなに強くない

ある日のディーナコース

少し前になりますが、ディナーに伺ったのは昨年、令和3年(2021年)の11月上旬です。

5人で伺いました。

夜のメニュー表

6,200円 アミューズ、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザート
(自家製パン、コーヒーorハーブティー、小菓子付)
7,200円 アミューズ、オードブル×2、スープ、魚料理、肉料理、デザート
(自家製パン、コーヒーorハーブティー、小菓子付)

コースは2種類ありますが、今回は7,200円のコースを。
最終的な金額は一人当たり11,280円(合計は5人なので56,400円)となりました。
(後述しますが、黒トリュフを追加、またワインボトルを4本(泡・白・赤2本)開けました。)

アヴァン・アミューズ

かぼちゃのケークサレ

まず「アミューズ」とは前菜(オードブル)の前に出てくる一口料理となります。
そして「アヴァン・アミューズ」となるとアミューズの前のアミューズ(一口料理)となります。

これから始まる今日一日の料理を楽しむ入口とも言えるべき料理です。

今回のアヴァン・アミューズは「かぼちゃのケークサレ」です。
ケークサレとは「ケーク」がケーキ、「サレ」が塩のことなので、塩パンという意味合いでしょうか。

かぼちゃで作られた塩パンというイメージでよろしいかと。
かぼちゃの風味が良いケークサレでした。

アミューズ

太刀魚の香草焼き
長崎産ザクロ

アミューズは「太刀魚の香草焼き」でした。
長崎産ザクロも散りばめられていました。

長崎で最大のお祭り、「長崎くんち」でも欠かせないザクロ。

こういう使い方にも粋を感じます。

太刀魚の旨味、香草の香ばしさが合わさった贅沢な一口料理です。

オードブル・1

ヤイトガツオ
宮崎県小林牧場のモッツァレラチーズ

オードブル一皿目は「ヤイトガツオ」です。
「宮崎県小林牧場のモッツァレラチーズ」と絡めてあります。

また、乗っているお花も食用ですので食べられますよ。
食用のお花もよく使われます。

脂の乗ったヤイトガツオがモッツァレラチーズとよく絡んで絶品の一皿となっております。

スープ

橘湾のワタリガニ
ワタリガニのコンソメ

順番変わりましてオードブル2品目の前にスープが出てきました。

「橘湾産ワタリガニのコンソメ」です。

伝さん
もうね、海です。海。

一口、口にした瞬間橘湾の情景が浮かぶようです。
そしてワタリガニがまた香り高く旨い!!

海のスープです。

オードブル・2

ヒラマサ(背の部分)
銀鯵
燻製

順番が変わり、スープの後にもう一つのオードブルが。

「ヒラマサ・銀鯵の燻製」です。

ヒラマサは背の部分、銀鯵は脂が乗っているということで少し炙っています。
野菜も数種類、色合いもよく目でも舌でも楽しめましたよ。

魚料理

真鱈の白子と身のスープ
長崎産のシメジ

魚料理は「真鱈の白子と身のスープ」です。

長崎産のシメジをめくると…

白子がドーンと

白子がドーンと出てきます。

真鱈は福島産とのことでした。
ブリブリとした、脂の乗った真鱈です。
身に弾力もありとても美味しかったです。
スープもとても濃厚!

肉料理

長崎産牛肉ラムシン
新潟佐渡産野生キノコ(ヤマドリ茸もどき、アミ茸(ポルチーニ茸))のソース

メインである肉料理は「長崎産牛肉ラムシン、新潟佐渡産野生キノコのソース」です。
数種類のグリル野菜も添えられております。

まずは肉の火入れ最高!
見た目は赤く感じますがしっかりと温かく、中までしっかりと加熱されております。

これだけでも十分に美味しそうなのですが…
フォークとナイフを手にしたあなた!ちょっと待ってください。

伝さん
いや、もう食べさせてよ!

黒トリュフの追加

長野産トリュフ追加

追いトリュフというのでしょうか、希望で黒トリュフを追加で削ってくれます。
追加で1,000円だったかと…(1,500円~2,000円だったかも?)。

そしてばっちりと黒トリュフがかけられました。
今回の黒トリュフは長野産とのこと。

世界三大珍味のトリュフ

伝さん
トリュフの香りがたまりません!!

キノコのソースの香りも高く、肉と絡んで美味!
そして鼻から抜けるトリュフの香り。

非常に素晴らしい一皿に仕上がっております。

デザート

長崎産イチジクのコンポート
自家製バニラ

デザートは「長崎産イチジクのコンポート、自家製バニラ」でした。
甘みの濃いコンポートとサッパリめの自家製バニラ、どちらも美味です!!

珈琲 お茶菓子

そして、最後にコーヒー(ハーブティーを選ぶことも可能)、一口サイズのお茶菓子も付きますよ。
(画像のお茶菓子は5人分です)。

ある日のランチコース

そして、今年(令和4年)の4月上旬にランチに伺いましたのでそちらの紹介も!

ランチのメニュー表

その日のランチメニュー(詳細)

まずは、ランチは3つのコースから選ぶことが出来ます。

Aコース 税込2,600円 前菜、スープ、お魚料理orお肉料理、デザート
Bコース 税込3,100円 前菜orスープ、お魚料理、お肉料理、デザート
Cコース 税込3,600円 前菜、スープ、お魚料理、お肉料理、デザート

以上です。

この日のメニュー詳細は

前菜 鴨・豚・キノコのテリーヌ
スープ 野菜たっぷりのスープ
お魚料理 本日の鮮魚料理(ヒラマサとオジサンのグリル)
お肉料理 牛挽肉と新じゃがのグラタン
デザート ザボンのジュレ、ミルクのアイス

となっておりました。
予約優先ということもあり、1週間ほど前に予約していましたよ。

また、HiroLiciousさんは大きな窓がありそこから入る日の光が心地よいです。

広い窓

心地よい空間

なお、テーブル席だけで無くカウンター席もありますよ。

 

オードブル

鴨・豚・キノコのテリーヌ

まずはオードブル。
「鴨・豚・キノコのテリーヌ」です。

テリーヌもですが、まず目を引くのは色とりどりの野菜たち。

キクちゃん
とても綺麗ですね♪

ここでも食用の花びらがあります。

テリーヌは複雑な味わい。
とても香りもよく、綺麗にまとめられています。

鴨の野性味、豚の味わい、キノコの香り、全てのバランスが良いですね。

スープ

野菜たっぷりのスープ

スープは「野菜たっぷりのスープ」です。

勝手にポタージュをイメージしておりましたが具がゴロゴロと入ったスープ。
味がぼやけることも無くとても優しい味わい、たくさんの野菜も柔らかかったですよ。

魚料理

本日の鮮魚料理(ヒラマサとオジサンのグリル)

お魚料理は「ヒラマサとオジサンのグリル」でした。

オジサンは髭が生えているように見えるお魚です。

ここでもたくさんのお野菜が添えられています。

脂の乗ったヒラマサ、そして白身ながらしっかりとした旨味のあるオジサン。
どちらもとても美味しかった!

肉料理

牛挽肉と新じゃがのグラタン

お肉料理は「牛挽肉と新じゃがのグラタン」です。

グラタンと言うと容器に入ったグラタンを思い浮かべましたが、じゃがいもが容器ともなっています。

牛挽肉の旨味、新じゃがのホクホク感、どちらも美味です!

デザート

ザボンのジュレ、ミルクのアイス

デザートは「ザボンのジュレ、ミルクのアイス」でした。

酸味のあるザボン、長崎では特別な柑橘類の1つです。

ミルクのアイスもサッパリといただけましたよ。

食べ終えて

ディナーとランチ、2つの紹介を致しましたがいかがでしたでしょうか。

やはり色とりどりの野菜に目が行くと思いますが、たくさんのお魚料理にお肉料理も絶品です。

街中にありますが静かな場所ですので、喧噪から離れとても美味しいフレンチをいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-食レポ
-, ,