食レポ

長崎ミシュランガイド掲載店【折衷厨房 笹ゆり(長崎市)】

スポンサーリンク

2019年に発表された「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」にて初めて長崎の飲食店が掲載されました。
※福岡・佐賀は2回目。

そのミシュランガイドに掲載されたお店に行ってきましたのでその食レポを掲載いたします!

伺ったお店は「折衷厨房 笹ゆり」さんです。

ランチタイムの白金豚上ヒレカツ定食が大変有名ではありますが、今回はディナータイムに伺いました!!

キクちゃん
すごく美味しそうですね!

「折衷厨房 笹ゆり」について

お店の外観

場所は長崎市油屋町というところにあります。
長崎一の繁華街、浜町アーケードや思案橋のすぐお隣になります。

ミシュランガイドに掲載されている情報として

地産地消を掲げる店が多い中、全国から良質な食材を取り寄せる主人。地元で馴染みのない素材を用い、個性を打ち出す。「笹ゆり会席」は、旬の魚介料理が満載だ。春は桜海老、秋は生イクラなど、土鍋ご飯は定番。岩手県産豚肉のしゃぶしゃぶコースや、同じ銘柄豚を使う、昼のヒレかつ定食も人気が高い。
(ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版)

料理の評価 ミシュランプレート
快適度 適度な快適
住所 長崎市油屋町1‐6 植田ビル2階  お店に行く
電話番号 095-895-8984
営業時間 昼 12:00~14:00 L.O.13:40
夜 18:00~24:00
価格帯(昼) 2,000円
価格帯(夜) 5,500円~8,500円
休日 日曜
施設&サービス情報 現金のみ、要予約、22時以降も食事が出来る

とあります。
【価格帯(夜)】が5,500円~8,500円となっておりますが、現在はコースのみで6,000円からの提供となっているようです。
この点は掲載時と変更があるようです。

なお、地図は下記となります。

2020年9月下旬のコース料理

お店の入り口

今回は友人たちと合計4名で伺いました。

コースは6,000円、8,000円、10,000円とあるそうです。

今回は6,000円のコースを選びました。

 

先付(前菜・お通し・突き出し)

まずは先付が二品出てきました!

先付一品目

揚げ豆腐

先付の一品目として「揚げ豆腐」が出てきました。
豆腐の上に桜海老と舞茸が餡に絡めてあります。

中には胡麻豆腐が!

揚げ豆腐は普通の豆腐ではなくまさかの「胡麻豆腐」でした!
一品目からかなりやられました。
優しい味でこれからのコースが楽しみになります。

先付二品目

太刀魚の炙りの握り

先付二品目は「太刀魚の炙りの握り」でした。

2メートル超えの太刀魚を捌いたそうです。
シャリの上に炙った太刀魚が乗せられています。
これを目の前で主人が海苔に包んで提供してくれました。

パリパリで風味が豊かな海苔と太刀魚の炙りがよく合います。

吸い物

海老真薯

吸い物は「海老真薯」です。

真薯(しんじょ)は「しんじょう」とも呼ばれ真丈と書いたりもします。
魚介のすり身と山芋を練り合わせたものですね。

他にも具材としてシイタケやお麩(蓬か何かが練りこまれていたようです)が入っていました。
お口直しとしても、またお腹に温かい汁物が入ったことでこれからのコースに向けての準備も万端となりました。

向付(刺身)

大目鯛と鮟肝

向付は「大目鯛と鮟肝」になります。

ミシュランガイドの説明にもあったように全国から良質の食材を仕入れる笹ゆりさん。
この鮟肝は北海道余市産だそうです。

濃厚でクリーミー、とても日本酒に合います(尿酸値が…)
鮟肝はそのまま食べても良いし、大目鯛の刺身に山葵のようにつけて食べても良いし、ポン酢に溶かして食べても良いそうです。

焼き物

アカムツの炭火焼

焼き物は「アカムツの炭火焼き」でした。

アカムツの上に乗っているものは大根おろしです。
香ばしく焼きあがっており美味しく食べました。
手前のスダチを絞っても良いかと思います。

揚げ物

白金豚の上ヒレカツ

笹ゆりさんの代名詞とも呼べる岩手県産白金豚を使った「白金豚の上ヒレカツ」です。

完璧な火入れです。
中はほんのりピンク色、しっとり柔らかいお肉を食べれます。
もちろん豚肉、しっかりと火は入っていますよ。

ソースと絡めても良し、塩だけで頂いても良いです。

ご飯・止め椀(汁物・味噌汁)・香の物(お新香・漬物)

イクラご飯、赤出汁、漬物

これが「イクラご飯、赤出汁、漬物」ではありますが…なんと、このイクラご飯、下記のように提供されました。

イクラの土鍋ご飯

じゃん!!

見てください!「北海道産のイクラの土鍋ご飯」!
秋の定番料理だそうです。
イクラの艶、粒々、プチっと美味しいです(尿酸値が…)。

お店の方が混ぜてくれて提供してくれました。

1人2杯ずつありましたよ!!

しっかり混ぜても粒がまったく潰れていないです。

塩気も丁度良く美味しかったですよ♪

水菓子・甘味

メロンのパンナコッタ

デザートは「メロンのパンナコッタ」になります。

下にパンナコッタがあり、上にメロンのジュレが乗せてあります。

ご飯までが味濃くありましたのでさっぱり最後にいただけました。

お会計

全部でまとめて36,200円(税込)となりました。
ひとり9,050円です。
なお、それぞれお酒を2~3杯ずつ飲みました(生ビール×4、ハイボール×4、日本酒×3)。

日本酒はその日のお任せを純米酒3種、純米吟醸3種、純米大吟醸1種選べます。
全て純米酒から選べるのは良いですね。
私は個人的に吟醸香が苦手ですので純米酒を2種いただきました。
もちろんチェイサー付きで。

キクちゃん
う、う、羨ましい!今度連れて行ってください!
伝さん
そのうちね♪

コース全体の感想

今回、6,000円の会席料理を頂きました。
オーソドックスに先付から始まり椀物、向付、焼き物、揚げ物、ご飯、水菓子といった流れです。
本格会席でしたらここに煮物、蒸し物、最後の吸い物が入ることもありますが、今回は十分お腹一杯になりました。

ミシュランガイドにあるように地産地消ではなく全国から主人が美味しいと思った食材を取り寄せて作ってあります。

北海道余市産の鮟肝、岩手県産の白金豚、北海道産のイクラなどです。

これらは今回秋だったのでこういったメニューでした。
5~6月はトキシラズといった鮭の種類がありますよ。

優しい味わいから始まります。
そこに一度炙りの握りを挟んで胃を準備させます。
そして椀物で胃を整えてからの向付。
脂のしっかりのった大目鯛に鮟肝。
ここからお酒も進んでいきます。

そして、焼き物に揚げ物とメインの食材が続いていきます。
見た目にも匂いも美味しいです。

そして定番の土鍋ご飯!
蓋を開けた瞬間に歓声が!!

最後のデザートで口の中がさっぱりしました。

最初から最後まで大満足、そういったコース料理でした。

「笹ゆり」のランチについて

ランチの看板

ランチは上記の1種類のみです。

注意書きにあるように予約はできませんのでご注意ください。

こちらの「白金豚の上ヒレカツ」、豚カツ好きには一度は食べていただきたい、そんな一品となります。

以上が「折衷厨房 笹ゆり」さんの食レポとなります。
季節で楽しめるお店ですよ!
ぜひ一度来店してみてください!!

スポンサーリンク

-食レポ
-

© 2021 ディーンイチハラ浪漫譚